赤ちゃんでも飲める水の正体は?

赤ちゃんでも飲める水の正体は?

赤ちゃんでも飲める水の正体は?

 

以前は、水道水が危険視されたり最近ではミネラルウォーターでも危ないと言われるのなど飲み水の問題というのはいまだに払しょくできていないのが実情です。

 

それは赤ちゃんのミルクに使う水も例外ではありません。

 

例えば、ミネラルヲーターが現状で水道水よりも良いと言われている理由はその中に塩素が含まれていないからということです。
そこで赤ちゃんの水は、水道に含まれるような薬品の塩素や余分なものが含まれていないことが特徴的といえます。

 

もちろんミネラルウォーターなら水道水よりも断然よいと言えるかといえばそうでもありません。

 

確かに、山から汲んできた天然の水というのは安心感がありますし、危険なものが含まれていないように思いますが、自然に生成される水であるがゆえにその成分的な不安定さが存在しています。

 

これは赤ちゃんに与える水としては今一安全度にかけるわけです。

 

赤ちゃんの水であればそのような問題を解決することも可能です。

 

赤ちゃんの水に含まれているミネラルはほぼゼロであり、ミルクに調合されるような成分がそのままミルクの成分となりえるのです。