お気に入りの和菓子屋さん

お気に入りの和菓子屋さん

お気に入りの和菓子屋さん

普段はあまり食べようとは思わないんですが、桃の節句や端午の節句のころ、
桜餅や柏餅がスーパーなどで売られる時期になると、突然思い出したようにしばらく和菓子にハマったりします。
最近は市販品でも結構おいしい和菓子が増えてきたようにも思いますが、やはり昔からある和菓子屋さんの味は格別ですね。
オーソドックスな団子や大福なら、何といってもここが一番だと思えるお店もあります。
このところお気に入りなのは、お茶屋さんで売られているお菓子です。
残念ながらメインのお茶はいつも後回しで、気が向いたらお菓子のついでに買う、という感じになっていますが……。
その店は、歴史が古いからといって決して昔ながらのお菓子の種類にこだわっているわけではなく、
趣向の変わったものもわりと見かけます。普通の餡やみたらし味だけではなく、季節限定品やモダンな風味のものもあって選ぶのが楽しいですね。
個人的には、甘い味噌や練り胡麻を使った団子が好きでよく買うんですが、どれも甘さ控えめで現代的な味付けです。
がっつり甘い和菓子もいいですが、やはり薄味の方が昨今の売れ筋なのかもしれません。
ともあれ、品揃えが少々変わっても、年に何回かこうして日本の伝統に触れる機会があることは嬉しいものです。
できれば外の風を感じながらゆっくり味わってみたいですね。
和菓子を好む人は年々減っている傾向にあるようですが、昔ながらのお店は洋菓子店に負けないでずっと存続していって欲しいなあと思います。